FC2ブログ

クロスのシワ

シワ 入り角

だれにでも、わかりやすい入り角のシワです



めくり後 シワ 入り角

めくると 角の部分以外は きっちりと接着していて クロスの裏紙は きれいに プラスターボード側に残っている いい状態のめくれ方でした。

角のシワになっている場合は クロスをめくると 99% しわの部分が 接着していなくて クロスの裏紙が残ってません。

後から 浮いてきたのなら 裏紙は 角の部分も 残っているはずです

プラスターボードの表面の黄色っぽい紙が きれいに 見えて残っているということは 最初から 角の部分の接着が あまく 浮き気味に なっていたと思います。

角の部分の接着が 悪い原因は 下地のプラスターボードの角の垂直、水平が悪く 角のラインも弓なりになっていたりして 下地に隙間があったりすると クロス施工時は 角まで 接着していたが 乾燥の段階で クロスが収縮して 接着があまくなって 経年変化でシワ  ということだと思います。

よく云われる 「家はゆれるから」という バカの一つ覚えの説明がありますが これだけ 斜めにシワになっていて 廻縁、巾木は崩壊していませんので 説明が付きません

対策としては 角の垂直、水平が、わりに良いところは シワになりにくいですが ボンドコークなどを角に充填しておけば クロスの乾燥、収縮する時間より ボンドコークの乾燥接着が早いので 入り角まで接着する 可能性が高くなります。

角の垂直、水平が悪く、角のラインが弓なり、など ストライプなどの柄物のクロスを貼ると角の部分で柄が合わなくなるような 下地の場合は 角で一旦、クロスを切って ボンドコークを先に充填して 次の面を貼っていくしかないと思います。

ハウスメーカーなどは 角でクロスを切ってつなぐのは NGなところも多いですが 物理的に無理なところもあります。

入り角のラインが真直ぐでない場合など クロスを伸ばし気味に貼る部分もあるので 伸ばしたところは収縮も大きいので その部部が将来は シワになりやすい 

「家はゆれるから」は スキですね。 なにも解決しなくてもイイ言葉です。













スポンサーサイト