FC2ブログ

ひび割れの対処法

名古屋城本丸御殿は竣工してから 間もないが 屋根にひび割れ

名古屋市のコメントは 「味です」

戸建住宅などで クロス貼りの壁にひび割れが、生じて お客さんに原因や補修方法などを質問をされたら 言おう

「味です。」




スポンサーサイト

横ヒビ割れ みみすばれの対処法

横のヒビ割れとみみずばれ状態のなっているところは クロスを撤去して ビスを打ち増しして、ヒビの部分をカッターなどで Vカットして グラスファイバーのテープを貼り パテ処理すしか方法がないと思いますが、建築して一年以内の物件では まだプラスターボードがずれ落ちてくる可能性がありますので グラスファイバーのテープを貼ると みみずばれがひどくなる場合があります。

何年たったらよいかはわかりませんが・・・・・


根本的な原因は 過去の横ヒビみみずばれの項目に載せてあります。

続きを読む>>

縦ヒビ・天井ヒビの対処法

天井、壁にできたヒビは Vカットして、ヒビの近くにビスを打ち グラスファイバーのテープを貼って パテ処理をするのがお客様や工務店、建築屋さんが 1番納得してもらえる方法だと思います。

ですが 根本的には 解決してないので 3~4年後には 同じところに、またヒビがでてくる可能性があります。

あわせて サンゲツのEBシリーズなどの柔軟性が継続するようなクロスを貼れば、10年くらいもつような気がします。

私が全責任が取れる現場のヒビの補修工事は ボンドコークをパテ代わりにして パテ処理。EBクロスの下地のなるべくわからない凹凸のエンボス柄のクロスで施工します。

手抜きのようですが ヒビの部分はパテ処理をしても同じヒビができます。

ボンドコークは弾性ですから ヒビ割れがしにくいと思います。

この方法で不具合がでても 自分の責任で対処しますが 元請がいる場合は 了承してもらわないとむつかしいですね。

ですから 最初に書いた方法が 普通はみんなが、納得する方法です。


続きを読む>>